ステーキングでADA資産を増やす具体的な手順(ダイダロスウォレット編)

※2020年7月31日 更新
(ヨロイウォレット PC chrome版(モバイルバージョンはその後)は、数日遅れて対応予定のため、基本的には、それまでお待ち頂いて、ご希望であれば、ダイダロスウォレットへ残高復元され、ダイダロスでのご操作をお願い致します。)

※Cardanoアンバサダーとして、なるべく正確な情報をお届けできるように最善を尽くしておりますが、
社員ではなく、また個人運営のサイトになり、誤操作や、万が一、誤り等があった際など、責任も負い兼ねますため、基本的には、唯一正確な公式サイトを一番に信頼し、補完的な意味合いで、私のサイトをご活用頂けましたら幸いです。

1、ダイダロスメインネットウォレットをアップデートする。

(緑色のアイコンのメインネットダイダロスウォレットを既にご利用中の方は、ウォレットを開いて頂きますと、公式サイトが表示されますので、そちらにアクセスして頂き、最新版のダイダロスウォレットをダウンロード、インストール(ダウンロード時に保存等をご選択された場合には、PCのダウンロードフォルダにインストーラーが保存されているはずですので、そちらを起動させる。(私自身がWindowsパソコンを使用しているため、呼称や操作に若干の違いが出る可能性がございます。))

または、こちらのCardano関係の情報や各公式サイトやコミュニティが集約された、こちらも公式の「 https://www.cardano.org/ 」「Individuals」の項目にございます、「Daedalus Wallet」をクリックし、
表示された公式の「Daedalus.io」サイト内のダウンロードより、お使いのパソコンに合ったOS(Windowsなど)のウォレットをダウンロード、インストール。

2、パソコンにアイコンが表示(または、既存のウォレットがアップグレードされ、アイコンが変わる)されたら、ダブルクリックして起動し、同期開始までされましたら、時間がかかりますので、完了するまでじっとお待ち頂く。

3、「Shelleyウォレットの新規作成」を促されますので、流れに沿って作成して頂く。
※Shelleyウォレットを新規作成された際に発行された24単語の復元フレーズは、お持ちのADA資産を保管、守るために最重要なものとなりますので、ご設定されたパスワードとともに、失くさないよう、盗まれないよう、大切に厳重に保管して下さい。

4、Shelleyウォレット新規作成後、旧Byronウォレットをご選択中に、「既存のウォレットにADAを移す」というボタンが表示されますので、そちらからご操作を進めます。移動先ウォレットを確認し次へ進み、少額の手数料がかかりますため、ご了承頂いた上で、旧Byronウォレットでご設定された送信時パスワードをご入力して頂き、ADAをShelleyウォレットへ移動させる。

5、ウォレット画面の左端にある3つのアイコンの「2つ目のADAマーク」をクリックし、表示された上部4つの項目のうち、「ステークプール」を選択、「ステークプール検索の枠に、任意のご希望の委任先プール名を入力」してご検索頂き、選択。
必要に応じて、プール説明やプール運営者作成サイト等をご確認の上、「このプールに委任する」「続ける」とクリック。

※私の運営させて頂いているプールは、「Cardanofun(FUN)」「Cardanofun1(FUN1)」となります。
ぜひ、ご委任先として、ご協力頂けましたら幸いです。プール詳細、運営者紹介等↓

6、ステーキング権利を委任するウォレットが選択されていることを確認して、「続ける」をクリック。
選択されているプールがご希望の委任先でお間違いなければ、「続ける」をクリック(異なる場合には、選び直す事が出来ます。)

7、現在、ご委任の際に、ごく少額の、0.2ADAほどの手数料がかかりますため、ご了承頂き、新しいShelleyウォレット作成時にご設定された送信時パスワードを入力、確認ボタンをクリック。

8、お疲れ様でした!委任完了となります。(ステークプール選択画面にて、「現在委任しているステークプール「ーーー」」というような表示が確認できれば、なお確実に委任が完了していると思われます。)

※発生した報酬は、自動的にそのウォレットに支払われるため、特別な操作をされなくても、自動的に複利運用されていきます!!


・ダイダロスペーパーウォレットをご使用、またはダイダロスアップデート時に、自動的に旧Byronウォレットが復元されなかった方。
(または、ヨロイやハードウェアウォレットをご利用中で、ダイダロスでの早急なご操作をご希望の方。)

上記の手順2のあと、ウォレット左下にございます「ウォレット追加」ボタンをクリックし、「復元」ボタンから、ご使用されていたウォレットを選択していき、ADA資産の復元がまず必要になります。(その後は、上記の手順3から同様に進めて頂ければ大丈夫です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Cardano公式サイト一覧